消費税10%,軽減税率:2019年10/1~/税込表示価表示義務2021年4月~/
インボイス(伝票に品目ごと税率記載)2023年10月~
UP-FRONT FC部 03-3560-0722 平日11時-13時、14時-18時
アンジュルム両A面シングル「私を創るのは私/全然起き上がれないSUNDAY」11月20日発売
ピグーライブニコ生チャンネル


【予定表】当番:2/16(日)早、2/29(土)イテ, 4/12( 日)遅:予想
平日当番:
床:

1/19(日)10:00~12:00エンタバシブヤ109の5階新星堂でCD買う=優先入場券/12:00~ヤンチャン学園音楽部/さんみゅ~/Jewel☆Ciel合同イベント@屋上(渋谷駅ハチ公口出てすぐ)
1/20(月)20:00頃、第一生命に健康診断結果を渡しに行く
1/23〜東京-大阪のEX予約:2/23往復分
1/26(日)12:15 歯科医院
2/1(土)アンジュルムお絵描き会13:15~13:45<受付 13:05~13:20> (船木,太田)@泉ガーデンギャラリー
2/2(日)(1)12:45/13:30(2)17:45/18:30さんみゅ〜ツアー@赤羽ReNY alpha
2/8(土) (1)14:00/14:40(2)16:20/17:00私を創るのは私シリアルイベント@NEW PIER HALL(2/3〜デジタルチケットDOWN LOAD可能。デジタルチケットQR見せて入場しランダムで座席指定券を配る)
2/15(土)(1)13:00/13:30のみ参加さんみゅ〜ツアー@名古屋RAD HALL(のぞみEX予約済)
2/16(日)当番:早
2/22(土)(1)14:00/14:30(2)17:00/17:30アンジュルムツアー@横浜Bay Hall(共にN)
2/23(日)(1)13:00/13:30のみ参加さんみゅ〜ツアー@大阪アメリカ村BEYOND
2/29(土)12:30開場/13:00開演sunmyu meets acoustic vol.5@YAMAHA銀座スタジオ
2/29(土)18:00-22:00当番イテ
3/1(日)昼さんみゅ〜個別握手会@YAMAHA銀座スタジオ
3/1(日)18::00/18:30さんみゅ〜ツアーFINAL@YAMAHA銀座スタジオ
3/7(土)(1T)14:00/14:30(2自)17:00/17:30アンジュルムツアー@横浜Bay Hall
4/12(日)当番:遅:予想

はぁ、こんどはリレンザ欠品で右往左往かよ┐(´_`)┌

タミフル:新たに異常行動2件 厚労省が10代の服用禁止

 厚生労働省は20日、インフルエンザ治療薬「タミフル」の服用後、いずれも12歳の男児が転落し骨折する事故が新たに2件起きていたことを発表した。同省は「因果関係は明らかではない」としながらも、同日深夜に会見し、10歳以上の未成年については原則、タミフル使用を控えるよう添付文書を改訂、医療機関に「緊急安全性情報」として配布するよう輸入販売している中外製薬に指示したことを明らかにした。予期しない重要な副作用が生じた場合に発する「緊急安全性情報」を同省が出すのは04年3月以来3年ぶり。

 同省によると、20日未明、インフルエンザと診断されタミフルを服用した男児(12)が突然、2回にわたり自宅2階に駆け上がってベランダから飛び降り、右足かかとを骨折した。また、2月8日にもインフルエンザと診断され、タミフルを服用した別の男児(12)が2階から飛び降り右ひざを骨折した。担当医は回復が早く、インフルエンザ脳症とは考えにくいとしている。

 これらの事故を受け、同省は10歳以上の未成年者については「合併症や既往歴によるハイリスク患者以外は原則、タミフルの使用を控える」とした。10歳以上の理由について、同省の黒川達夫・大臣官房審議官は「9歳までインフルエンザによる死亡例が多いため」と説明した。中外製薬の上野幹夫・代表取締役は「緊急安全性情報の作成・配布は速やかにしたい」と話した。

 タミフル服用後に異常行動を起こし、死亡した子供の事故は04年以降、計5件発生している。今年2月には愛知県と仙台市で中学生がタミフル服用後に転落死する事故が相次ぎ、同省ではインフルエンザにかかった未成年について、発症後2日間は目を離さないよう保護者に促すよう医療関係機関に注意喚起していた。【北川仁士】

 ▽厚生労働省研究班の班長としてタミフルの副作用を調べている横田俊平・横浜市立大教授(小児科)の話 飛び降りなどは、タミフルを飲まなくても生じた例もあり、学問的には副作用かどうか分かっていないと考えている。ただ、服用後にいくつも異常行動例が出たことで、厚労省が10歳以上の未成年で原則として服用を差し控えるよう求めたのは社会的措置としては理解できる。

 【タミフル】スイス・ロシュ社が製造するインフルエンザ治療薬。同社の推計では、01年の発売以来、世界の服用者の約8割にあたる約2450万人が日本で服用した。