消費税10%,軽減税率:2019年10/1~/税込表示価表示義務2021年4月~/
インボイス(伝票に品目ごと税率記載)2023年10月~
運転免許更新は申請に持参写真いらない
UP-FRONT FC部 03-3560-0722 平日11時-13時、14時-18時


【予定表】
12/1(水) 17時~Hello! Project Year-End PartyとHello! Project 2022 Winter当落発表
12/5(日)10:30歯科
12/14(火) 15:25/16:15アンジュルムFCイベント2021 ~Angermerry Xmas~@豊洲PIT
12/19(日)(1)12:30/13:00(2)17:00/17:30西園みすずOVWESIZED THANK YOU!!!!@R'sアートコート(労音大久保会館)
12/30(木)18:00/19:00Hello! Project Year-End Party 2021[アンジュルム Premium]@中野サンプラザホール
Hello! Project 2022 Winter ~LOVE & PEACE~
team LOVE:
(モーニング娘。'22) 譜久村聖・生田衣梨奈・牧野真莉愛・羽賀朱音・横山玲奈・山﨑愛生
(アンジュルム) 竹内朱莉・佐々木莉佳子・橋迫鈴・為永幸音・松本わかな
(Juice=Juice) 稲場愛香・井上玲音・有澤一華・入江里咲
(つばきファクトリー) 新沼希空・浅倉樹々・小野瑞歩・秋山眞緒・八木栞・豫風瑠乃
(BEYOOOOONDS) 島倉りか・西田汐里・高瀬くるみ・岡村美波・清野桃々姫・平井美葉
(ハロプロ研修生ユニット) 窪田七海・斉藤円香・広本瑠璃・西﨑美空

team PEACE:
(モーニング娘。'22) 石田亜佑美・小田さくら・野中美希・加賀楓・森戸知沙希・北川莉央・岡村ほまれ
(アンジュルム) 川村文乃・上國料萌衣・伊勢鈴蘭・川名凛
(Juice=Juice) 植村あかり・段原瑠々・工藤由愛・松永里愛・江端妃咲
(つばきファクトリー) 山岸理子・谷本安美・岸本ゆめの・小野田紗栞・河西結心・福田真琳
(BEYOOOOONDS) 一岡伶奈・江口紗耶・前田こころ・山﨑夢羽・小林萌花・里吉うたの
(ハロプロ研修生ユニット) 米村姫良々・石栗奏美・中山夏月姫・北原もも

2022/01/02(日)18:00/19:00Hello! Project 2022 Winter ~LOVE & PEACE~[ PEACE]@中野サンプラザホール
2022/01/03(月)11:00/12:00Hello! Project 2022 Winter ~LOVE & PEACE~[ PEACE]@中野サンプラザホール
2022/01/09(日)14:30/15:30@Hello! Project 2022 Winter ~LOVE & PEACE~[ PEACE]@中野サンプラザホール
2022/02/05(土)18:00/19:00Hello! Project 2022 Winter ~LOVE & PEACE~[ PEACE]@中野サンプラザホール
2022/02/06(日)11:00/12:00Hello! Project 2022 Winter ~LOVE & PEACE~[ PEACE]@中野サンプラザホール

検査陽性なら即タミフル? 薬をもらえば安心する人には馬の耳に念仏


記事:共同通信社
提供:共同通信社

【2007年4月19日】

 インフルエンザ治療薬「タミフル」について、厚生労働省は19日までに、処方はA型かB型のインフルエンザと診断された患者だけを対象とするよう、輸入販売元の中外製薬に添付文書の再改訂を指示した。これまで、熱のある患者らにウイルス検査をせず安易に処方する例があると指摘されていた。

 併せて
「幼児や高齢者に比べ、他の年代ではインフルエンザによる死亡率が低いことを考慮すること」
との記載も指示した。中外製薬は改訂作業を進めている。
2点の再改訂について厚労省「処方をより慎重に判断するよう、医療関係者に注意喚起を徹底するため」と説明している。

 同省は3月、異常行動が相次いだことを受けて10代への処方を原則中止とする警告を添付文書に記載するよう中外製薬に指示したばかり。

  4月4日に開かれた薬事・食品衛生審議会の調査会で、同省はタミフル服用後に何らかの異常な行動を起こした128人の事例を報告。うち9人はインフルエンザウイルスに感染しておらず、26人は検査を実施しなかったなどの理由で感染の有無が不明だった。委員からは「熱があるだけで自動的にタミフルを処方する医師がいる」と指摘を受けていた。

 さらに、幼児や高齢者のインフルエンザによる死亡率の高さに比べると、
特に20〜40代は死亡率が低く、大多数は約1週間で自然治癒することから、
添付文書中の「効能・効果に関連する使用上の注意」にこうした情報も記載する必要があると判断した。