消費税10%,軽減税率:2019年10/1~/税込表示価表示義務2021年4月~/
インボイス(伝票に品目ごと税率記載)2023年10月~
UP-FRONT FC部 03-3560-0722 平日11時-13時、14時-18時
アンジュルム両A面シングル「私を創るのは私/全然起き上がれないSUNDAY」11月20日発売
ピグーライブニコ生チャンネル


【予定表】当番: 12/22(日)遅、1/3(金)、2/16(日)早、2/29(土)イテ, 4/12( 日)遅:予想
平日当番:12/19(木)
床:11/8(金)

11/20(水)「私を創るのは私」初回盤SP(アマゾン)届いたらシリアルイベント応募
11/21(木)(2)19:30私を創るのは私リリイベ@パレットプラザ(ヴィーナスフォート屋外)
11/23(土)11:30/12:00MELLOW MELLOW定期@渋谷TSUTAYA O-Crest
11/24(日)東京大学駒場祭12:00-13:00MELLOW MELLOWライブ@東京大学駒場キャンパスグランドフェスティバルステージ(野外) (観覧無料.学外の方OK.特典会なし)
11/29(金)15:00ころ〜さんみゅ〜FCローチケ:ツアー赤羽〜大阪までの当落発表
11/30(土)13:00「オタッカーズ・ハイ」@バルスタジオ(高島平)
12/1(日)12:00「オタッカーズ・ハイ」@バルスタジオ(高島平)
12/9(月)受付19:40-19:50/中西握手会19:45-20:30@ベルサール西新宿
12/10(火)休暇。アンジュルム ライブツアー 2019夏秋「Next Page」~中西香菜卒業スペシャル~@豊洲PIT
12/19(木)平日夜間当番
12/21(土)アンジュルムお絵描き会13:15~13:45<受付 13:05~13:20> (船木,太田)@ベルサール東京日本橋
12/22(日)当番:遅

1/3(金)正月当番7+1
1/4(土)13:30/14:30ハロコンside A@中野サンプラザ
1/5(日)13:00/14:00ハロコンside B@中野サンプラザ
1/11(土)〜1/12(日)さんみゅ〜FCバスツアー
2/1(土)アンジュルムお絵描き会13:15~13:45<受付 13:05~13:20> (船木,太田)@泉ガーデンギャラリー
2/2(日)(1)12:45/13:30(2)17:45/18:30さんみゅ〜ツアー@赤羽ReNY alpha
2/8(土) (1)14:00/14:40(2)16:20/17:00私を創るのは私シリアルイベント@NEW PIER HALL
2/15(土)(1)13:00/13:30のみ参加さんみゅ〜ツアー@名古屋RAD HALL
2/16(日)当番:早
2/23(日)(1)13:00/13:30のみ参加さんみゅ〜ツアー@大阪アメリカ村BEYOND
2/29(土)18:00-22:00当番イテ
3/1(日)昼さんみゅ〜個別握手会@YAMAHA銀座スタジオ
3/1(日)夜さんみゅ〜ツアーFINAL@YAMAHA銀座スタジオ
4/12(日)当番:遅:予想

腐ってる厚生労働省

舛添大臣が言わなきゃ何も調べようとしない、知っていても隠す、存在する資料を隠す、
あげく、「記憶にございません」とか。薬害肝炎にも知らんぷり。
そんなやつらに愚作の医療・介護の制度改悪されて、関係職業の従事者は疲弊して逃散。
2008年4月からの制度改悪を最小限にとどめないと、現場が混乱するね。
薬の価格を下げれば医療費の伸びを抑えられるという幻想は机上の理論。
医療費の2割しか占めてない薬剤費を3割くらい下げても、全体の6%しか影響しない。
それよりも少子高齢化の進行が上を行き、まったく焼け石に水
星の数ほどある後発品の銘柄指定になんて薬局は対応できない。
1つの先発品に対して1つの後発品でも、在庫を何百品目増やさなければならないのか。
その維持コストは対価として調剤報酬に上乗せされるのか。ないな。
見合うだけの上乗せはないのは確実。それしたら薬剤費削減効果が減るから。
病院内で使う薬を後発品にするのはできる。その後発しか処方しなければいいし、内部で
調整できるから。
院外処方では病院ごとに処方する後発品が違うと、1銘柄あたりに複数の後発品を薬局に
在庫しないとならない。先発品も処方されることがあるので、在庫が必要。
今までの在庫数の2倍近い在庫を抱えることになりそうな保険薬局は、民間なので赤字は
倒産を意味する。そんなことはお構いなしの厚生労働省
街に根付いた地元薬局はつぶれて、残るのは巨大資本で安い給料でやってるチェーン薬局
だけになる。かかりつけ薬局がなくなる。
日本には諸外国には類を見ない2番煎じ、3番煎じの先発品がたくさんある。
国内でしか承認されないレベルの薬もたくさんある。
保険収載されなくていいものを削除するほうが先じゃないのか。
「医者に行けば薬をだしてくれて、それを飲めば治る」という、日本特有のお任せ主義を
改める啓蒙をしないと、問題は解決しない。
普通感冒で鼻水が出る、せき・たんがでる、で通院して3000〜4000円の医療費が
使われていることのほうが無駄じゃないのか。
そこで出る薬を後発品にして薬剤費を500円下げても、医療費削減効果は帳消しになる。
薬局現場では急病や急な怪我で処方される薬が後発品で、在庫してないときに別のものに
スムーズに変えてもらえるしくみじゃないと対応不能



高齢者の負担をちょっと先延ばししても、負担する制度は変わらない。
こんな拙策はやらないほうがいいが、衆議院議員にとっては選挙目当てだからな。
どの政党がいいとか悪いとかじゃなく、国会議員にも有能な人がいるのだから、アホ官僚の
膿を出して、霞ヶ関の牙城を切り崩して欲しい。
救急患者が搬送先が見つからず、たらい回しで死亡したとか、医者がいなくなって病院閉鎖
とか、そこまでいかなくては対策をとらない所轄省庁である厚生労働省にはあきれる。
医療業界はもう破綻している。バブル崩壊したときに不良債権を大量に抱えて困っていた銀
行を、税金を大量投入して救った経緯があるのだから、いかに早く手を打つことが大切かわ
からないのか。早期発見、早期治療だろ。
財務省に「予算はない」と言われて「そうですか。では国民と医療機関をいじめます」と
いう厚生労働省では未来はない。