消費税10%,軽減税率:2019年10/1~/税込表示価表示義務2021年4月~/
インボイス(伝票に品目ごと税率記載)2023年10月~
UP-FRONT FC部 03-3560-0722 平日11時-13時、14時-18時
アンジュルム両A面シングル「私を創るのは私/全然起き上がれないSUNDAY」11月20日発売
ピグーライブニコ生チャンネル


【予定表】当番: 12/22(日)遅、1/3(金)、2/16(日)早、2/29(土)イテ, 4/12( 日)遅:予想
平日当番:12/19(木)
床:

12/19(木)平日夜間当番
12/21(土)アンジュルムお絵描き会13:15~13:45<受付 13:05~13:20> (船木,太田)@ベルサール東京日本橋
12/21(土)iPop fes MAG’s編Vol.3(1部)16:00〜さんみゅ~(西園除く)/愛乙女☆DOLL @MAGNET by SHIBUYA109屋上
ミニライブ&特典会[観覧]フリー  [優先エリア]あり [座席]一部あり:ペットボトル以外の飲物持ち込み禁止。
■販売時間・場所:MAG’s PARK特設物販コーナー14:00から販売さんみゅ~オフィシャルグッズ、CD
12/22(日)当番:遅
12月23日(月) 18:00頃からぴあ当落発表:Hello! Projectカウントダウン1部TOHOシネマズ日本橋
12月29日(日)黒白歌合戦: 時間 OPEN/12:00 START/12:30 終演18:00予定@渋谷・TSUTAYA O-WEST
12/31(火)16:00開演Hello! Projectカウントダウン1部TOHOシネマズ日本橋
1/3(金)正月当番7+1
1/4(土)13:30/14:30ハロコンside A@中野サンプラザ
1/5(日)13:00/14:00ハロコンside B@中野サンプラザ
1/11(土)〜1/12(日)さんみゅ〜FCバスツアー
1月18日(土)開場12:00 / 開演13:00みっすーカレーフェス@ 会場:LOFT9 Shibuya
2/1(土)アンジュルムお絵描き会13:15~13:45<受付 13:05~13:20> (船木,太田)@泉ガーデンギャラリー
2/2(日)(1)12:45/13:30(2)17:45/18:30さんみゅ〜ツアー@赤羽ReNY alpha
2/8(土) (1)14:00/14:40(2)16:20/17:00私を創るのは私シリアルイベント@NEW PIER HALL(2/3〜デジタルチケットDOWN LOAD可能。デジタルチケットQR見せて入場し、ランダムで座席指定券を配る)
2/15(土)(1)13:00/13:30のみ参加さんみゅ〜ツアー@名古屋RAD HALL
2/16(日)当番:早
2/23(日)(1)13:00/13:30のみ参加さんみゅ〜ツアー@大阪アメリカ村BEYOND
2/29(土)18:00-22:00当番イテ
3/1(日)昼さんみゅ〜個別握手会@YAMAHA銀座スタジオ
3/1(日)夜さんみゅ〜ツアーFINAL@YAMAHA銀座スタジオ
4/12(日)当番:遅:予想

スマイレージサブメンバー笑顔うpキャンペーン

火曜から金曜までやるのかわかりませんが、拡散の一助として。

(1)りなぷー(勝田里奈):
歌もダンスも安定し、お手本。色白で美脚!!
積極的に自分を出すようになりました。濃いキャラに囲まれ、負けじと自分のアピールポイントを見つけています。
(2)かななん(中西香菜):
歌もダンスもまったくの未経験で加入。1ヶ月でコンサートのステージに立っただけでも、並大抵の努力ではないはず。大阪人らしく、ステージ度胸は抜群。リアスすぎるゴリラやくいだおれ太郎のまね、ボケた人につっこみができることは、貴重なMC戦力。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

(3)タケちゃん(竹内朱莉):
野球をはじめスポーツ大好き。いとこの矢島さん同様、走るのが速い。
ハロプロエッグ加入当初からお芝居でも頭角を現し、真野恵里菜バックダンサーをつとめ、本人のデビューが待ち望まれていました。
「夢見る15歳」の超高い音「なぜかさみしいよ」を地声で歌えるつわもの。
(4)めいめい(田村芽実):
「まゆ毛ビーーーーーーム!!」新垣さんから受け継いだ。りっぱなまゆ毛の持ち主。でこ全開でこのかわいさは、これから先が楽しみ。
独特の声で、インパクトが大きい。
ひとりモノマネショーを楽屋でやってしまう、ちょっとウザうるさがられる、妹キャラ。
ゆうかりんのマネで「ゆうかも、ゆうかも」というのは、ヲタ受けはするが、
テレビ番組など外部の人には(?_?)で、まったくわかってもらえない。
リアルな象の鳴きまねが得意。
和田アキ子さんの声まねで「あの鐘を鳴らすのはあなた」の歌詞を変えて歌い、MCの「落ち」にするあたり、福田花音を脅かす存在になっている。