消費税10%,軽減税率:2019年10/1~/税込表示価表示義務2021年4月~/
インボイス(伝票に品目ごと税率記載)2023年10月~
UP-FRONT FC部 03-3560-0722 平日11時-13時、14時-18時
アンジュルム両A面シングル「私を創るのは私/全然起き上がれないSUNDAY」11月20日発売
ピグーライブニコ生チャンネル


【予定表】当番: 12/22(日)遅、1/3(金)、2/16(日)早、2/29(土)イテ, 4/12( 日)遅:予想
平日当番:12/19(木)
床:

12/19(木)平日夜間当番
12/21(土)アンジュルムお絵描き会13:15~13:45<受付 13:05~13:20> (船木,太田)@ベルサール東京日本橋
12/21(土)iPop fes MAG’s編Vol.3(1部)16:00〜さんみゅ~(西園除く)/愛乙女☆DOLL @MAGNET by SHIBUYA109屋上
ミニライブ&特典会[観覧]フリー  [優先エリア]あり [座席]一部あり:ペットボトル以外の飲物持ち込み禁止。
■販売時間・場所:MAG’s PARK特設物販コーナー14:00から販売さんみゅ~オフィシャルグッズ、CD
12/22(日)当番:遅
12月23日(月) 18:00頃からぴあ当落発表:Hello! Projectカウントダウン1部TOHOシネマズ日本橋
12月29日(日)黒白歌合戦: 時間 OPEN/12:00 START/12:30 終演18:00予定@渋谷・TSUTAYA O-WEST
12/31(火)16:00開演Hello! Projectカウントダウン1部TOHOシネマズ日本橋
1/3(金)正月当番7+1
1/4(土)13:30/14:30ハロコンside A@中野サンプラザ
1/5(日)13:00/14:00ハロコンside B@中野サンプラザ
1/11(土)〜1/12(日)さんみゅ〜FCバスツアー
1月18日(土)開場12:00 / 開演13:00みっすーカレーフェス@ 会場:LOFT9 Shibuya
2/1(土)アンジュルムお絵描き会13:15~13:45<受付 13:05~13:20> (船木,太田)@泉ガーデンギャラリー
2/2(日)(1)12:45/13:30(2)17:45/18:30さんみゅ〜ツアー@赤羽ReNY alpha
2/8(土) (1)14:00/14:40(2)16:20/17:00私を創るのは私シリアルイベント@NEW PIER HALL(2/3〜デジタルチケットDOWN LOAD可能。デジタルチケットQR見せて入場し、ランダムで座席指定券を配る)
2/15(土)(1)13:00/13:30のみ参加さんみゅ〜ツアー@名古屋RAD HALL
2/16(日)当番:早
2/23(日)(1)13:00/13:30のみ参加さんみゅ〜ツアー@大阪アメリカ村BEYOND
2/29(土)18:00-22:00当番イテ
3/1(日)昼さんみゅ〜個別握手会@YAMAHA銀座スタジオ
3/1(日)夜さんみゅ〜ツアーFINAL@YAMAHA銀座スタジオ
4/12(日)当番:遅:予想

サンシャインMonthly i-POP Festival presented by 新星堂さんみゅ〜

1/23発売メジャーデビューシングル「くちびるNetwork」イベント
<15時開演>

21年ぶりにサンミュージックが本気でアイドルをデビューさせ、
力の入れようがわかる、さんみゅ〜のサンシャイン噴水広場イベント。
優先エリア内にいる人数が、マスコミの方が客より多いんじゃないかと思うほど。
軽い気持ちで13時すぎに着いて、ロフト横でのCD販売が終わってて、14時からの
噴水広場での販売で買ったら31番だったので、31人目の購入者ということ。
優先エリアの右から入場で、左サイドに行ったら、優先エリア内の最前列席は
すべてプレス席とわかる。(^_^;;;テレビカメラ4台が柱の前に立ててあるし。
客にとっての最前列となる2列目左端へ。えらい人じゃないし、端で良いです。
ライブ後にテレビのコメント撮り、囲み取材。20分くらいはやってたかな。
そしたら、握手会が左端の席からと案内される。 ̄◯ ̄;;;)トップじゃんか。
テレビカメラ晒しか。。。。。。。。ま、いいか。
カメラマンが1周全員するまでは映してました。2周目のころに撤収。
流しは軽くするだけ。
さんみゅ〜にしては速めだそうで。9人並び握手会で、一人の前に5秒くらい?
初めて握手会に参加で、いやな剥がしも受けず、会話できるペースだから十分でした。
がつがつは行きませんが、うすーく参加して行こうと思います。

ライブ中に笑顔でお客さんを見て、楽しい気持ちにしてくれるパフォーマンスするって大事ですね。
18人から9人にしぼる時、かわいい子を集めるんじゃ無く、個性がちがう子たちを選んでこの9人にしたからこその良さが出ていたと思いました。



岡田有希子世代としては、胸熱な曲なんですよ。