消費税10%,軽減税率:2019年10/1~/税込表示価表示義務2021年4月~/
インボイス(伝票に品目ごと税率記載)2023年10月~
運転免許更新は申請に持参写真いらない
UP-FRONT FC部 03-3560-0722 平日11時-13時、14時-18時

【予定表】
12/2(金)18:30/19:00Youplusライブツアー『無邪気な世界』@原宿RUIDO
12/3(土)アンジュルムイベント@ベルサール飯田橋ファースト イベントホール
<2shotチェキ会 【第3部】> 開場11:50 / 入場締切12:05 (イベント開始12:00)
12/3(土)14:00 Open/14:30 Start ミュゼワンマイルウエアライブ@原宿RUIDO
12/3(土)17:00/17:30Youplusライブツアー『無邪気な世界』@原宿RUIDO
12/4(日)アンジュルムイベント@ベルサール飯田橋ファースト イベントホール
<個別お絵描き会 【第3部】> 開場19:05 / 入場締切19:20 (イベント開始19:15)
12/07(水) (1)15:25/16:15(2)18:00/18:50アンジュルムFCイベント2022 ~Angermerry Xmas~ 森のホール21:電子チケット入場(スマートフォン必須)
12/11(日)アンジュルムイベント@東京流通センター 第二展示場 Fホール
<個別お絵描き会 【第4部】> 開場19:05 / 入場締切19:20 (イベント開始19:15)
12/22(木) ハロコンオリックス劇場1/22の新幹線のぞみEX予約する
12/30(金)18:00/19:00カウントダウンアンジュルムプレミアム@中野サンプラザ
12/31(土)14:45/15:45カウントダウンJuice=Juiceプレミアム@中野サンプラザ
2023年1/9(月祝)OCHA NORMA 2ndシングルイベント@ベルサール高田馬場
<第②部 個別チェキ会> 11:30~11:50 <入場受付時間 11:25~11:35>中山夏月姫×1
<第①部 個別サイン会> 14:00~14:30 <入場受付時間 13:55~14:05>中山夏月姫×1
<第①部 グループお話し会> 15:30~15:50 <入場受付時間 15:25~15:35>(E) 窪田&中山ペア×3
2023年1/9(月祝)アンジュルムイベント@ベルサール汐留 B1Fホール
<個別お絵描き会 【第5部】> 開場19:05 / 入場締切19:20 (イベント開始19:15)
1/22(日)11:15/12:15ハロコンチームBアンジュルム&つばき@オリックス劇場

2/12(日)14:30/15:30ハロコンチームAモーニング娘。'23&OCHA NORMA@中野サンプラザ

後期高齢者医療制度のほころびが露呈

あまりにケース別の検討がずさんなまま制度を始めた事でボロが出まくる。
いったい制度開始1年で何回変更するのか。
自治体は変更のたびに仕事を増やされ、市民からは苦情を受け、最前線の職員の苦労なんて他人事で、
霞ヶ関と永田町じゃあおかまいなしに指令出すだけ。
矢面に立つ議員は舛添さん。
この国の保険制度はいったんぶっつぶしたほうがいいのか。
消費税10%でいいから、医療保険点数を適正に上げる。介護保険点数は2倍に増額してくれ。
介護職員は正社員でも年収300万円くらいだぞ。
年間休日は普通のサラリーマンよりずっと少ない100日未満。
介護施設なら当直も週に1〜2回あるし。
自分の生活すら維持できなくて、介護が好きで初めても生活苦でやめてしまう人が多数。
近い将来需要が急拡大のこの一大産業を育成するためにも、介護予算を大幅アップ。

窓口負担3割を1割に 1万数千人が対象 高齢者医療で与党方針

記事:共同通信社
提供:共同通信社

【2008年9月8日】

 自民、公明両党は5日、75歳以上が対象の後期高齢者医療制度で、医療費の窓口負担がこれまで1割だったのに今年8月から3割に増えた一部の高齢者について、元の1割負担に戻す方針を固めた。自治体などのシステム改修が必要なことを考慮し、来年1月から実施したい考え。期間を限らない恒久措置。対象は全国に1万数千人とみられ、必要な財源は数億円の見通し。

 対象となる高齢者は、夫婦のいずれかが75歳以上で新制度に移り、もう一方が74歳以下で国民健康保険など従来制度に残った結果、片方が「現役並みの所得がある」と判定されて3割負担に変更された人。「世帯の生活実態は変わらないのに、夫婦別々に判定するのはおかしい」との批判を受け、見直しを図る。

 「現役並み所得」の判定基準は、課税所得が145万円以上で(1)夫婦世帯では合計年収が520万円以上(2)単身世帯では年収383万円以上。

 例えば、年収が夫390万円、妻110万円で世帯合計が500万円の場合、これまでは2人とも1割負担だった。だが新制度導入に伴い、8月から夫婦それぞれを単身世帯とみなす所得判定が実施された結果、夫は単身世帯の基準を上回る年収がある「現役並み」と判断され、3割負担となったようなケースの新たな負担を軽減する。

 ただ、同様の所得判定の結果、以前は窓口負担が3割だったのに1割に減ったケースの負担を増やすことはしない。