消費税10%,軽減税率:2019年10/1~/税込表示価表示義務2021年4月~/
インボイス(伝票に品目ごと税率記載)2023年10月~
UP-FRONT FC部 03-3560-0722 平日11時-13時、14時-18時
アンジュルム8/26発売シングル「限りあるMoment/ミラー・ミラー」

【予定表】当番:9/20(日)早→行かない
平日当番19:45~23:00 :9/4(金)→行かない

8/22(土)夏季休暇その3(1日休み)/ 10:15/11:45Hello! Project 2020 Summer COVERS 〜The Ballad〜(Bチーム)@中野サンプラザ
8/24(月)夏季休暇その4
8/25(火)18時〜PUDO ビーンズ亀有(宅配共同ロッカー)でCD引取(宅配会社からメールでパスワード来てから)
8/26(水)14:00〜16:00ポニキャニ通販(伊勢チェキ&鏡付きCDセット)届く。
    リミスタネットサイン会のCDも届く。
9/4(金)平日夜間当番19:45~23:00(行かない)
9/20(日)当番:早(行かない)
9/28〜11/28に役所でマイナンバー電子証明書の更新する
10/2(金)公休:限りあるMomentシリアルイベント@横浜ランドマークホール:桜木町駅から動く歩道5分

妊婦健診、出産一時金を拡充=少子化対策で検討−舛添厚労相表明

8月22日13時3分配信 時事通信

 舛添要一厚生労働相は22日の閣議後記者会見で、妊婦健診や出産育児一時金の拡充を検討する考えを表明した。少子化対策の一環で、年末の予算編成に向けて具体案を検討する。
 厚労省によると、妊婦が医療機関で健診を受けると1回当たり平均9000円掛かる。国は現在、5回分の健診費用に相当する総額約460億円を地方交付税で財政措置し、妊婦の負担を軽減しているが、実際には14回医療機関に掛かるのが通例。このため同相は、国が財政措置する回数を増やすことで妊婦の負担をさらに軽減したい考えだ。14回分を国が負担する場合には、約840億円の財源が新たに必要になる。
 出産育児一時金は、現在35万円が支給されている。しかし実際の出産費用は、地方では35万円を下回る一方、東京では50万円程度掛かっているとみられる。同相は今後、全国の実態を調べた上で、一時金を増額することなども含めて対策を検討する意向を示した。 

妊婦検診をやってもらって、野良妊婦(まったく妊婦検診をせず、陣痛が来たとき飛込みで初診の産婦人科へ行く妊婦)をなくすための対策ですね。
何も状況がわからない野良妊婦を請け負って、逆子だ、前置胎盤だ、双子だとなったら、産婦人科はたまりませんからね。
自治体が出産育児一時金を、「出産をした人」でなく、「お産をやった産婦人科」に支払う仕組みにしてるのは、出産した人が一時金を頂いて、病院にはお産の費用を支払わずに踏み倒すのを防ぐため。お金を貰っておいて、病院には代金を支払わずに、とんずらしちゃうことがあるそうで。
少子化対策ってより、安全に出産をしてもらうためのもの。(妊婦、病院双方にとって)