消費税10%,軽減税率:2019年10/1~/税込表示価表示義務2021年4月~/
インボイス(伝票に品目ごと税率記載)2023年10月~
UP-FRONT FC部 03-3560-0722 平日11時-13時、14時-18時
ピグーライブニコ生チャンネル


【予定表】当番:9/15遅、9/28(土), 予想11/3(日)早、12/23(月祝)遅
平日当番:8/23(金)
床:11/8(金)

8/24(土)11:15-11:45歯科(次回8/31午後or9/1の16:00以降)→
8/24(土)13:30/14:30 Hello! Project 2019 SUMMER(パターンA)@中野サンプラザ自枠2
8/25(日)13:00/14:00 Hello! Project 2019 SUMMER(パターンB)@中野サンプラザN枠2
8/27(火)14時〜ハローFCのDM分アンジュルムLiveツアー当落発表
8/28(水)夏季休暇3
8/31(土)予約11:00日大HP皮膚科(10:30までに再診受付機で)
9/1(日))11:30/12:00MELLOW MELLOW定期@渋谷TSUTAYA O-Crest
9/7(土曜)娘。チケ座間届いたらNさんへ郵送(清算済み)
9/15(日)当番:遅
9/16(月祝)12:00/12:30さんみゅ~銀座定期@ヤマハ銀座スタジオ
9/16(月祝)18:00/18:30(自由席)sunmyu meets Acoustic vol.4@ヤマハ銀座スタジオ
9/18(水)16:00〜アンジュルムパシフィコ横浜のWEB掲載分当選発表
9/28(土)土曜当番18:00-22:00
10/8(火曜)夏季休暇4
10/13(日)11:30/12:00MELLOW MELLOW定期@渋谷TSUTAYA O-Crest
11/3(日)当番?予想
11/4(月祝)(1)14:00/15:00,(2)17:30/18:30アンジュルムコンサート@パシフィコ横浜大ホール

器だけ作っても担う医師はいない

都立大塚病院「産科救急拠点」へ

 救急搬送された妊婦が、「総合周産期母子医療センター」に指定されている東京都立墨東病院墨田区)ほか計8病院に受け入れられず、死亡したことなどを受け、都は11月7日までに、都立大塚病院(豊島区)を新たに同センターに指定する方針を固めた。指定は2009年度中になる見込みで、指定されれば、都立病院としては墨東病院に次いで2施設目となる。

 「総合周産期母子医療センター」は常時、母体・胎児専門医、新生児専門医、麻酔医が勤務する妊産婦と新生児専門の救命救急センターで、産科救急の拠点として位置付けられている。今年8月1日現在、45都道府県に75施設あり、東京都では、大塚病院が指定されれば、計10施設になる。

 同病院は現在、比較的高度な新生児治療などに当たる「地域周産期母子医療センター」に指定されている。都は今後、同病院が「総合周産期母子医療センター」の指定基準を満たすため、リスクが高い妊産婦に高度な集中管理を行う「MFICU(母体・胎児集中治療管理室)」などの設置や専門医の増員を進めることにしている。
 また、墨東病院の受け入れ体制の充実を図るため、同病院の「NICU(新生児集中治療管理室)」を現在の12床から15床に増床する計画で、「総合周産期母子医療センター」の指定を進める大塚病院の施設整備などと合わせ、09年度予算案に約3億9700万円を盛り込む方針。


>>都立大塚病院(豊島区)を新たに「総合周産期母子医療センター」に指定する方針を固めた( ̄△ ̄|||

24時間、365日、産婦人科医2人体制で、かつ、緊急手術時に麻酔科医、脳外科医も召集できる体制をとるんでしょうか。
そんなに潤沢な人材がいるなら、とっくに指定を受けているはず。
名ばかり総合周産期母子医療センターであることは明白。( ̄△ ̄|||

>>墨東病院の受け入れ体制の充実を図るため、同病院の「NICU(新生児集中治療管理室)」を現在の12床から15床に増床する計画

つい最近、産科医の増員無しに、11月の土日休日をできる限り産科医2人体制(もとはひとりだった)にしたという、
それ以前でも過労死基準を充分超えた労働環境であった医師たちに、「毎日当直せい!」という指令が下り、いつ全員
逃散してしまうか解らないときに、さらなる追い討ちをかけたので、墨東病院自体がもう詰んじゃってますね。
小児科医が死んじゃうから、近隣の複数の区で一次救急のこども夜間急病診療所をやってくれと言っている病院に、この
負担増はもう正気の沙汰じゃありません。
病院で働きすぎて過労死できたら本望だと言うような人でないと、墨東病院には残れません。
労働基準法もへったくれも無いんですから。
受け入れられない状態で、「無理です。」と言おうものなら「受け入れ拒否」と叩かれてしまう事に、医師ではない私でも
憤りを感じます。



だから、自分の子には、「医療、介護職だけはなってはだめ。」と教えておくのです。
現在の状態から大きく変わる事が無ければ、ならないほうがいいと。